しぐさの心理学「メラビアンの法則」

ボディランゲージの重要性

言葉以外に伝わるコミュニケーション。

それがボディランゲージ(ノンバーバル)。

人のしぐさや視線、外見からわかる情報です。

その重要性を説いたのが「メラビアンの法則」。

しかし誤解や間違った知識も多くあります。

ここではメラビアンの法則についての誤解や正しい知識についてまとめています。

 

メラビアンの法則とは?

・視覚55%(仕草・視線・外見)
・聴覚38%(声質・声のトーン)
・言語7% (会話・話の内容)

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが発見した法則です。

矛盾したメッセージによる相手の受け取り方を実験したもの。

その優先順位が「視覚聴覚>言語」だったという心理実験。

ノンバーバルの重要性を説く心理学です。

《ノンバーバルとは》

ボディランゲージのことです。
仕草・視線・外見など。
言葉以外のコミュニケーションを指します。
非言語コミュニケーションと言われています。

 

「第一印象で決まる」という解釈は間違い

「全ては第一印象で決まる」という意味ではないです。

実験内容は言葉に対する伝わり方の優先順位です。

これが本当のメラビアンの法則

・「矛盾した言葉」に対する相手の反応
・「矛盾の優先順位」が言葉よりもボディランゲージや声

この実験は「好意・反感などの態度や感情のコミュニケーション」において「メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った」場合、「メッセージの受け手が声の調子や身体言語といったものを重視する」という事を言っているに過ぎない。

Wikipediaより引用

例えば暗い顔で”元気だよ”と言われます。

本当に元気だと思いますか?

相手は元気だと伝えても元気がないように思う。

この心理を数値で表したのが「言葉7% < 声38%・表情55%」です。

(顔に書いてあるじゃん…)と感じる反応がメラビアンの法則です。

 

理解しづらい時に汲み取る情報

それが「聴覚・視覚>言語」の順。

相反するメッセージで人はどれを優先するか。

それが言葉よりもボディランゲージ(ノンバーバル)だったという実験です。

 

例えばメラビアンの法則

【無表情で楽しさを語る】

例えば楽しかった思い出を無表情で伝えます。
本当に楽しかったの?と聞き手は感じます。

【怒った表情で優しい言葉】

例えば怒った表情で「怒ってない」と伝えます。
本当に怒ってないの?と相手は思います。
たとえ言葉は優しくても、顔が怒っていると怖さ増しです。
浮気がバレてたら、本当に怖いメッセージです。

【ふざけて真面目話】

例えば真面目な話をコミカルな動きで伝えます。
内容自体は至って真面目です。
でもその動きがとても面白くておかしかったら?
声のトーンもふざけてたらどうでしょうか?
話よりもその人の行動に注目すると思います。

これらの反応を数値化したのがメラビアンの法則です。

 

最後に

場合によって言葉以上に伝わるのがノンバーバル(ボディランゲージ)。

メラビアンの法則はそれを表した実験でもあります。

ボディランゲージが発するメッセージはそれほど相手に伝わるということ。

仕草や行動で嘘がバレるのは本当です。

この本がとても面白かったです↓

参考書籍:FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

さすが元FBIの捜査官ともなると、行動心理のプロです。

現場職だったからこそ臨場感あふれる経験。

人のボディランゲージ(ノンバーバル)をもっと知りたい人にはオススメ!

【書籍】”FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学”【感想】
「FBI捜査官が教えるしぐさの心理学」レビュー参考書籍:FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学ボディランゲージのことを勉強しようと手に取った本です。元FBI捜査官...

関連記事

ピックアップ記事

【恋愛】声は恋に重要なこと?声の影響力

あなたはどんな声が好き? 異性の声って重要ですよね。 ”声フェチ”、”耳で恋する”なんて言葉もあるほど。 男性なら女性の高い声…

人気記事

ページ上部へ戻る