【書籍】”暮らしに活かせるメンタリズム”を読んで【感想】

「暮らしに活かせるメンタリズム」レビュー

参考書籍「暮らしに活かせるメンタリズム

ボディランゲージを勉強していた時に出会った本です。

”メンタリズムの入門書”とレビューにあったので手に取ったのが始まりでした。

パラパラっと数ページ読んだだけで興味をそそられ、気がつけば購入していました。

最初は「ただの雑学本だろう」と思ったのですが、ハマってしまった一冊です。

【読むポイント】

・メンタリズムの入門書(と言われてます)
・メンタリストたちが集めた心理術
・ホンマでっかTVのようなQ&A弾丸情報ですぐ読める(詳細もあります)

【読んだ感想】

・画像付きで読みやすい
・すぐ試せるので面白い
・話ネタに最適
・実際使えるネタ・テクニックもある
・ボディランゲージの心理例もいくつかある

 

メンタリズムの入門書的な本?

結論から言うと「雑学本・ネタ本」のジャンル。

メンタリズムを学ぶ専門書ではないです。

メンタリズムというよりも雑学的な豆知識が多いという印象です。

マジックが身につくわけでもないですし、運動力学や催眠療法を学ぶ本でもありません。

ただ、メンタリズムをこういう学び方もできるんだという本です。

自己暗示のようなライフハックネタ。

心理学で読み取る読心術など。

そういう意味で入門書なのかなと読んで思いました。

内容としては面白い豆知識・お役立ち情報です。

本書では「本当かよ!?」と言う情報もいくつかあります。

その情報を自分で試せるのがまた面白かったです(笑)

 

日常的に使えるメンタリズムが面白い

実際、本当かよ?と思うような参考例もいくつかあります。

その中にはすぐに試せる例もあるので、試してみると意外に役立ちます。

例えばこの方法↓

例)集中力を1分で上げる方法


目を閉じて1分間片足立ち → スッキリ

これは実際やってみると1分がかなり長いです。

10秒でもふらつきます。

本書では「これができれば2~3時時間集中が持つ」と言っています。

これは僕自身もたまにしますが、良いリフレッシュにはなってます(笑)

してみる価値はあると思います。(家以外だとできる場所がなかなかないんですけどね^^;)

 

ボディランゲージの心理例が面白い

参考例の中にはいくつかボディランゲージの心理例もあります。

よく見る相手の仕草を見れるようで面白いです。

例えばこの心理↓

例)うなずく角度が上になってる


(心理)実際には納得・理解してない

反感は持ってるけど、表面上は頷いてる状態。

わかってるフリをするボディランゲージによくあるそうです。

無意識的な優位性が態度として現れてる状態。

顔を上げて頷くのは失礼にあたるので注意なボディランゲージです。

 

7つに分類されるカテゴリー

本書の目次カテゴリー

1:日常ですぐ使えるメンタリズム →ライフハック関連
2:人を操るメンタリズム →・会話術関連
3:メンタリズムで人を見抜く →デート関連
4:自分をコントロールするメンタリズム
5:恋愛・結婚に効くメンタリズム →男女関連
6:仕事・勉強に使えるメンタリズム →ボディランゲージが関する
7:メンタリズムで健康になる

7つのカテゴリーに分かれています。

個人的には青文字のカテゴリーが面白かったです。

 

個人的に使えそうな情報をまとめてみる【メモ】

管理人個人のメモ代わりにまとめています。
ネタの詳細は本で

ー会話テクニックー

・ワンテンポ遅れて笑う→魅力アップ(#031)
・男は比較・女は成長 →褒め方アップ(#038)
・語尾に「なにぬねの」→可愛い印象(#051)
・男は女を実年齢より5歳下に見る→会話力アップ(#127)
・デート席は90度の位置→距離を詰めやすい位置(#126)
・合コン席は45度の対席→「情の空間(和ませる空間)」(#146)

パーソナルスペースや話し方について。
本サイトでも触れてる情報がいくつかありました。
面白かったのは褒め方。
・男性に対しては他男性と比較して褒める
・女性に対してはその人の成長を褒める

 

ーLINEテクニックー

・5回に1回LINE無視→返信率アップ(間欠強化)(#036)
・文字数20文字以内→好感度アップ(#037)
・タメ語3:敬語7 →親密度アップ(異性に対して)(#035)

本書ではメールでの状況ですが、LINEにも置き換えられるかと。
無理に返信せず、ダラダラ長くメールはせず、敬語ずぎす、と解釈。

 

ー心理テストー

・「手のひらを見せて」→手が上なら金持ちになる(#073)
・「爪を見せて欲しい」→手の平ならM・手の甲ならS(#066)
・「こぶしに手置せて」→手の平ならM・拳ならS(#065)
・グラスを近づける→相手との縮小距離間(#093)
・グラスの持ち方→相手の性格心理ができる(#091)

例:グラスの持ち方心理

上部分を持つ→楽天家・話すのが好き
真ん中を持つ→気配り・バランス重視
下部分を持つ→内向的・気分屋
両手で持つ→頑固・さみしがり屋

これはネタとしてですね(笑)
心理テスト系は飲み会や合コンに使えます。
ただ、ちょっと古典的なネタになりつつあるようにも思えます。
個人的な線引きとしては、このネタ知ってたら結構遊んでる。と分析してます。

 

ーボディランゲージー

・プラスの話は右側で話す→説得力アップ(#169)
・会話中のジェスチャー度→説得力アップ(#181)
・前衛姿勢でアゴを引く→説得力アップ(#172)

会話中のボディランゲージによる影響力ですね。
これはこの本に限らず、様々な参考書でもとりだたされてます。
本書はわかりやすくピックアップしてる印象です。

 

まとめ

個人的には知ってる情報も結構ありましたが、全体的に面白かったです。

読んでて楽しくなる本です^^

参考書籍「暮らしに活かせるメンタリズム

関連記事

ピックアップ記事

【恋愛】声は恋に重要なこと?声の影響力

あなたはどんな声が好き? 異性の声って重要ですよね。 ”声フェチ”、”耳で恋する”なんて言葉もあるほど。 男性なら女性の高い声…

人気記事

ページ上部へ戻る