『緊張の緩和』で笑わす方法

『緊張の緩和』とは?

緊張が緩和された時に起きる”笑い”です。

例えば、人前でわざとおならをすると笑いますよね。

・何かする雰囲気(緊張)
・おならをする(緩和)

「何々?」と緊張を作り、「なんだよ笑」と和らげる。

会話の流れでもありますよね。

これが「緊張の緩和」です。

 

『緊張の緩和』を取り入れた会話とは?

top178

「緊張」とは相手の気持ちが高まる状態。

「緩和」とは相手の気持ちが安心する状態。

おならもそうですが、緊張と緩和で生まれる話題は日常でも起きています。

 

会話例①「いないないバァ」

top109

例えば赤ちゃんをあやす時。

”いないいないばぁ”で笑う赤ちゃん。

・いないいないバァ(緊張)
・母親(緩和)

でも笑わない赤ちゃんもいますよね。

あれは赤ちゃんの緊張が勝っているから(緊張が強すぎると泣きます)

信頼の置ける人(母親など)が”いないいないばぁ”をすることによって安心し、笑うんです。

ちなみに赤ちゃんの微笑みは防衛本能でもあります。

【人間学】赤ちゃんってなぜ笑うの?
はじめにここのまとめ情報は、個人的な分析に基づく持論です。人間の笑う行為はとても不思議なメカニズム。未だに謎が多く、これまでも多くの哲学者が論を展開していま...

 

会話例②「友達のちょっかい」

top110

友達同士でからかって笑うのも緊張と緩和です。

・からかう(緊張)
・友達(緩和)

ただからかってばかりだと、単なる嫌な人になるので(笑)

そこは緊張と緩和のバランスが大事です。

 

会話例③「サプライズ」

top182

誕生日や記念日のサプライズも緊張と緩和です。

プレゼントもそうですね。

・驚かす(緊張)
・友人・恋人・家族(緩和)

目的が喜ばせる行為なので、相手はそれを知ってより嬉しい気持ちになります。

 

「ドッキリ」で怒る心理

top69

似たような行為で「ドッキリ」もあります。

ドッキリとわかれば大体笑いますが、怒る場合もありますよね。

それは気持ちが緩和してない状態のため。

感情が怒りや恐怖になります。

怒る心理

・驚く(緊張)
・知らない人・親しくない人(緩和しない)

=ムカつく・引く・恐い

ジャッカス(アメリカの度を超えたおふざけ企画)がわかりやすいんですが。

例えば、真面目にゴルフしてる人に向けてオナラ音で邪魔するとか(笑)

面白いですけど、知らない人に邪魔されたらムカつきますよね。

邪魔された側にとって緊張と緩和のバランスが取れてないからです。

 

『緊張と緩和』を会話に取り入れるコツ

top172

普段無意識的にしているかもしれません。

それを意識的に考えると、より洗練されます。

無理に考える必要はありません。

知識があると、自然に『緊張と緩和』をつかめてきます。

 

①初対面ではまず「緩和」

例えば、初対面の人に会った時って緊張しますよね。

相手も同じく緊張しています。

そのためまずはリラックス(緩和)させて会話していると思います。

その相手の緊張具合を意識しながら、緩和を入れていく。

緩和状態が続いたら緊張を入れていきます。

 

②真顔で話を始めて「緊張」

話し手は笑わない。

すべらない話でも「先日、〜」と話に入る時に笑いませんよね。

あれは「なんだろう、なんだろう」と相手に緊張感を与えるためです。

真面目な顔で緊張の雰囲気を作り出します。

 

③会話に臨場感を出す「緊張UP」

相手が想像しやすい会話にします。

擬音語やジャスチャー、声のトーンで臨場感を。

怖い話をする時の感じですね。(稲川淳二さんがわかりやすい)

 

④会話に落差をつける「緩和UP」

緊張と緩和のバランスをとります。

緊張は「何?」という聞く姿勢に対し、緩和は話のオチやフォロー。

例)からかう(緊張)→笑わす(緩和)→からかう(緊張)→フォロー(緩和)

【恋愛】からかい上手になる方法4ステップ
『上手にからかう』には?からかっても上手くいかない人は、狙いすぎてる可能性があります。考えすぎるとバレます。からかう相手が女性なら特に。からかいは自然な雰囲...

恋愛でも”からかって笑わす”ことは有効です。

関連記事

ピックアップ記事

【恋愛】声は恋に重要なこと?声の影響力

あなたはどんな声が好き? 異性の声って重要ですよね。 ”声フェチ”、”耳で恋する”なんて言葉もあるほど。 男性なら女性の高い声…

人気記事

ページ上部へ戻る