【上級編】すべらない話し方のコツ6つ

すべらない話をするには?

すべらない話を作る」には、以下の要素が大事でした↓

①:話の基本は「想定外の話(オチ)」
②:話題選びは「共感できる話(フリ)」
③:話し方には「緊張と緩和」
④:話す構成は「三段オチ」
⑤:話す相手の「聞き手レベル」

聞き手の裏をかくオチ話、その内容は共感できる事柄。

話し方には躍動感があり、オチは三段階に構成。

聞き手のレベルも考慮して。

という流れが、すべらない話の流れです。

【上級編】すべらない話の作り方5つ
スベらない話を作るには?まっちゃんの「すべらない話」。その会話スタンスは難しいですが、鍛えれば使えます。知識に入れるだけでも会話のレベルが変わってきます。す...

 

スベらない話し方のコツ

このことを踏まえて気をつけるべきポイントがいくつかあります。

ポイントごとに抑えて、コツをつかみましょう。

より会話を組み立てやすくなります。

 

コツ①:相手の温度差を感じる

話す以前の問題ですが、相手との関係です。

話す状況も含め、相手との距離間。

僕は、相手が自分を受け入れてる状態(緩和状態)の時を目安にしています。

 

コツ②:オチは決めておく

オチは最初に決めておくと、話を組み立てやすいです。

オチとは想定外の出来事、意外な結末です。

組み立て方としてシンプルなのは、フリを活用すること。

フリで予想させて、オチで裏切る。

普段の生活で「おいっ!」ってなることを面白い視点で語る。

言葉だと難しいですが、自然にしてるはずです。

【基本編】オチのつけ方ってどうするの?
そもそも「オチ」とは?”オチのある話”とは、起承転結でいえば「結」の部分。”話をしめくくる”のがオチです。なので、笑える話がオチというわけでもありません。 ...

 

コツ③:話し手は笑わない

話し手は真面目に話す事。

笑わない事で緊張感を生みます。

笑ってしまうと「緊張と緩和」の効果が半減します。

怖い話をする時のように、演出的にすると効果が出ます。

 

コツ④:無駄な言葉は使わない

「え〜」とか「あ〜」など、なるべく使わないこと。

話を頭でまとめてる時に言いがちです。

なので、仕方ないっちゃ仕方ないのですが、なるべく使わないように訓練が必要です。

そのためにも鉄板話などは、言い慣れておくと強い武器になります。

 

コツ⑤:説明は割と詳細に

フリである状況説明は、情報が多いほど臨場感が出ます。

例えば「あるお店で」というより「ある路地裏の中華店で」といったほうがイメージが湧きます。

あとは表情や仕草も意識して加えていくと、より伝わります。

ただ、長話にならないようには注意です。

細かく簡潔に、がコツです。

 

コツ⑥:三段オチを考えすぎない

考えすぎると失敗します。

僕たちは芸人じゃないですし、できなければそれでOKです。

オチは相手を楽しませ、感情を動かすことが目的です。

三段オチは、オチをより引き立てる会話術。

わかんなくなった時は、話を終わらせましょう。

オチがないことがオチになることもあります。

それで相手が笑ってくれればいいんです。

その関係性が大事なので、難しく考えすぎず楽しみましょう。

僕は後から分析して、何度も話し経験して感覚を掴んでいきました。

 

【まとめ】すべらない話し方のコツ

・相手の温度差を感じること
・オチは決めておくこと(話しやすくするため)
・話し手は絶対に笑わないこと(緊張と緩和をつけるため)
・無駄な言葉は使わないこと(「え〜」とか「ははっ」はダメ)
・テンポよく話すこと(かんだり、ダラダラ話さない)
・説明は詳細に(臨場感をリアルにするため)

「すべらない話」をより極めたい場合はこちらの書籍が参考になります↓

参考書籍:すべらない話術

芸人になりたい人向けぐらい、かなり分析された良書です。

そこまでは…という人は買う事もないと思いますが、読んで損はない書籍です。

電子書籍だとすぐ読めるし、「モテる」という本を棚に置くのが恥ずかしい人にもオススメですね。

関連記事

ピックアップ記事

【恋愛】声は恋に重要なこと?声の影響力

あなたはどんな声が好き? 異性の声って重要ですよね。 ”声フェチ”、”耳で恋する”なんて言葉もあるほど。 男性なら女性の高い声…

人気記事

ページ上部へ戻る