【恋愛】魅力的な話し方をする方法8つ

恋愛では魅力的な話し方をしたいものです。

そこで、ここでは魅力的な話すための基礎となることをまとめてみました。

 

1:声のメリハリをコントロール

まずは声の強弱・トーンのコントロール

声が小さかったり、棒読みのように単調だと、相手もわかりづらいです。

声にメリハリをつけることが大事です。

コツとしては初めの1音を意識してみること。

 ・     ・       ・
「おはよう」「そうなんだ〜」「よかった」

この発音法はアナウンサーの練習でもするそうです。

これだけかなり聞き取りやすい話し方になります。

声のトーンと音階を意識するだけでも、だいぶ変わります。

声の作り方2「トーンの使い分け」
”声のトーン”を使い分けよう!気持ちよく会話できる人は、自然と相手の声のトーンに合わせています。例えば、話が面白いと自然に声のトーンが高くなります。嬉しい時も...
声の作り方4「音階」
ドレミファソラシド〜♩の音階でイメージ人間は”声のトーン(高低)”によって、同じことを言っても違う感じ方をします。例えば「そうだね」と相槌をした時。声が低ければ...

 

2:話すスピード:まずはゆっくり

話に集中する時は、意外に早口になっていたりします。

まずはゆっくり話すことを意識してみてください。

そうすると、自分の話すスピードをコントロールしやすくなります。

話し方のテンポによっては、相手にスピードを合わすこともあります。

逆も然りで、話すスピードを緩め、落ち着かせることも。

魅力的な話し方としては「ゆっくり」が基本です。

落ち着いて話す人ほど、大人の魅力や色気を感じます。

声の作り方3「話すテンポ」
会話の雰囲気を作る「声のテンポ」会話内容によって、声のテンポが変わりますよね。面白い話なら、軽快なテンポ。シリアスな話なら、遅いテンポ。声の出し方で「テンポ...

 

3:テンポと間を大切にする

会話の流れを作る「テンポ」。

そして沈黙を作る「間」。

どちらも会話には大切です。

このテンポと間を把握できるようになると、会話の流れを作りやすいです。

《”沈黙”しても焦らない》

例えば、デート中の沈黙で焦った経験ありませんか?
会話には「間」があります。
話し続けるのも疲れますよね^^;
焦らず、余裕を持ちましょう。

【恋愛】沈黙を上手に使う方法3つ
沈黙をコントロールするには?大事な会話の間『沈黙』。沈黙は悪いことではありません。デートの時などもそうです。会話の休憩でもあり、空気を暖める間でもあります。...

 

4:表情は状況に応じて変化

状況に応じて、表情をコントロールすることでギャップも出ます。

例えば

・無愛想→めっちゃ笑顔
・おチャラケ→シリアス

表情を使い分けるとミステリアスでつかめないキャラを作れます。

《笑顔の使い分け》

まず人間関係はお互い笑顔になる関係から始まります。
無愛想な顔をしていたら、面白い話も台無しになりますしね^^;
ただ常にニコニコだとちょっと気持ち悪い。
好きな人と話す時のように、自然に笑顔になるように。
人への愛の余裕(器)がある人ほど、コントロールを上手く感じます。

【テク】笑い方を変えるコツ3つ
笑い方は印象を変える気になる人の笑い声って記憶に残りますよね。恋愛でも、笑い方で恋愛感情が高まることもあるし、冷めることもあります。笑い方は環境で変わります...

 

5:ユーモアのある話をする

面白い話、なるほどな話、時事ネタからのオチ話。

などなど、自分の会話術が試される時。

ユーモアを身につける方法6つ
ユーモアセンスを身につけるには?ユーモアがある人って魅力的ですよね^^場を読み、盛り上げ、相手を楽しませる。そんな会話ができれば、相手も楽しいし、自分も楽し...
【上級編】すべらない話の作り方5つ
スベらない話を作るには?まっちゃんの「すべらない話」。その会話スタンスは難しいですが、鍛えれば使えます。知識に入れるだけでも会話のレベルが変わってきます。す...
【恋愛】からかい上手になる方法4ステップ
『上手にからかう』には?からかっても上手くいかない人は、狙いすぎてる可能性があります。考えすぎるとバレます。からかう相手が女性なら特に。からかいは自然な雰囲...

トークを面白くするには話す経験値がモノをいうと思います。

知識も加われば成長スピードは向上します。

面白い人は男女問わずモテます。

 

6:会話ムードを合わせる

会話を盛り上げるには、相手に合わせることも重要。

「場の空気を読む」です。

例えば、相手が話のトーンを上げて盛り上げたら乗ることも大事。

「ノリの良さ」が男女の会話では功を成す場合が多いです。

特に気になる異性なら、声のトーン、テンポを意識して合わせてみてください。

イメージ的には「やったねー」「いえーい」という程度のノリです。

簡単に距離を縮める方法でもあります。

 

7:話すときは”横の位置”がベター

デートでの話す位置は横並びがベスト。

top115

こっちよりも↑

top78

こっちの方が↑親密になりやすいそうです。

”横の位置”が難しい場合は、”角(L時)の位置”でもOKです。

目的は距離を近づけるため。

物理的距離が近いほど意識度が高まります。

パーソナルスペースに基づく考え方です。

こんな感じは恋人の距離間です↓

パーソナルスペース

恋人の距離間…0cm~15cm
友達の距離間…15cm〜45cm
仕事の距離間…45cm~120cm
初対面の距離間…1.2m~3.5m

 

8:立った状態でも違う

・相手の正面を位置取る→男だけ意識しやすい

理由は男女のパーソナルスペースの違いです。

男女の立ち位置はこうなります↓

37  38
画像参照:男心と女心

正面の状態だと男性は女性のスペースに入っていません。

しかし女性は男性のスペースに入っています。

なので、男性だけ意識しやすい状態になっています。

つまり信頼性で言えばこうなります↓

・男性 → 縦位置の距離が近い → 安心してる
・女性 → 横位置の距離が近い → 安心してる

距離間を図る一つの目安に良いと思います。

話す立ち位置や座り位置でも、話し方で伝わる印象は違います。

関連記事

ピックアップ記事

【恋愛】なぜ男性は「高い声」が好きなの?

高い声=”女らしい若さ”を感じる 男性は高い声の女性の声が好きです。 例えばこのような意見↓ ・高すぎない通る声が好き ・…

人気記事

ページ上部へ戻る