【挨拶編】話のきっかけを作るコツ3つ

会話のコツは「挨拶(一声) + 一言」

「おはよう〜」「こんばんは〜」
「どうも〜」「お疲れ(さま)〜」
「久しぶり〜」「元気〜?」

男女の会話は、このような挨拶で始まることが多いと思います。

ここから雰囲気をつかむことで、会話は始まります。

ただ何を話していいかわからない時。(緊張してる時など)

そんな時に使える会話例はいくつかあります。

疲れて頭が真っ白…という時に僕は使ってます(笑)

 

はじめに

ここでの会話例は、「顔見知り〜友達関係」からのスタートになります。

初対面の場合などは、こちらの記事にまとめました↓

【男性編】話のきっかけを作る方法【パターン別】
パターン別:会話のきっかけ作り男性側の会話のきっかけパターンをまとめてみました。箇条書きでメモっぽくなってます。(自分の確認用でもあります)使える会話ネタの...

ここでの会話例は、「一度挨拶はしたけど、その後の会話が進まない。。」

そんな異性の相手に話しやすいフレーズです。

 

例1:「最近どう?」(近況を聴く)

top122

入りやすいのは「最近どう?」という近況報告。

仲良い人はもちろん、久しぶりに会った相手や、距離感がある人にも応用できます。

幅広く使える会話のきっかけです。

言いづらいときは「元気?」が無難ですが、だいたい「元気だよー」となります。

イエス・ノーで答えられる質問よりも、内容を語らせる質問の方が、会話ネタが増えます。

「元気だよー」に答える場合は以下の質問が会話を生みやすいです↓

 

例2:「〇〇変わった?」(相手の変化を尋ねる)

top76

男女の場合は、相手の変化を会話でふる場合が多いですよね^^

王道ですが、「髪切った?」「痩せた?」など。

基本は相手を褒めること。

そして、本当に気づいたことだけお伝えること。

身につけてるのもの

外見を褒めるのが難しい場合もありますよね。(あまり親しくない時など)

そんな時は所持品や身につけてるものからだと言いやすいです。

靴・帽子・時計・財布・バックなど。

気になったところを最終的に褒める形で。

※褒めるときの注意点

ただ注意点としてはやらしくならないように(笑)

「髪切った?」「痩せた」が口癖になってると、すぐ周りに「あの人口だけ」扱いになります。

自然に褒めるには、具体的に自分が思った感想を述べること。

例えば「痩せた?」と言うなら、どこらへんが変わって見えたのか。

「ジムでも行ってる?」など、相手が痩せたことに対し、興味を持って話したり。

ただのお世辞にならないように、具体的に興味を持って話すと自然に聞こえます。

 

例3:「そういえば〇〇だったね〜」(相手好みのネタをふる)

top166

対象者の好きそうな関連情報の話題ネタ。

サッカー好きなら、大まかなサッカー情報を話したり。

恋愛話が好きなら、芸能関連の不倫騒動から入ったり。

初めての相手なら、無難な話題を選んで話してみたり。

【恋愛】男女で違う「好みの話題」
好みネタをそれぞれ覚えておくと便利男性同士・女性同士だと会話も違ってきます。この違いを押さえておくと、会話ネタに使いやすいと思います。 《女性が好きな話...

相手が好きなら、話します。

こちら側としては、そこまで詳しく知らなくてもOKです。

知らなければ相手から聞けば、また話が盛り上がります。

質問のコツとしては「5W1H」→「感情レベルの質問」

これだけでも、会話の流れ次第で深い部分まで聞けたりします。

【質問編】「5W1H→感情レベル」の会話例
話を膨らませるのに便利なのが「5W1H」。困った時も、情報を聞き出す時にも使えます。5W1Hで質問すると、情報の整理にもなり会話がわかりやすくなります。 ...

 

まとめ

「挨拶 + 一言」の流れとして僕はよく使ってる会話例です。

また沈黙があったとしても、応用が利きます。

・近況を聴く
・相手の変化
・相手好みの話題ネタ

これを挨拶に含めれば、自然に会話ができます。

ピックアップ記事

【恋愛】なぜ男性は「高い声」が好きなの?

高い声=”女らしい若さ”を感じる 男性は高い声の女性の声が好きです。 例えばこのような意見↓ ・高すぎない通る声が好き ・…

人気記事

ページ上部へ戻る