【男性編】話のきっかけを作る方法【パターン別】

パターン別:会話のきっかけ作り

男性側の会話のきっかけパターンをまとめてみました。

箇条書きでメモっぽくなってます。(自分の確認用でもあります)

使える会話ネタのきっかけがあれば、また追記していきます。

①挨拶の時

久しぶりに会った相手や、最近話してなかった相手などに。
「挨拶+一言」で良い会話に持ってきます。

・近況を聞く「最近どう?」「どうしてた〜?」
・天気・季節「今日雨降るらしいよ」「もう◯月だね〜」
・相手の表情「嬉しそうだね、良いことあった?」
・相手の外見「痩せたね、ジムでも行ってる?」
・相手が好む話題→関連ありそうな話題をストックしておく
・楽しい話題を見つける→会うまでの状況から考える

【挨拶編】話のきっかけを作るコツ3つ
会話のコツは「挨拶(一声) + 一言」「おはよう〜」「こんばんは〜」「どうも〜」「お疲れ(さま)〜」「久しぶり〜」「元気〜?」男女の会話は、このような挨拶で始...

 

②初対面の時(紹介)

友達の紹介や飲み会・合コンで初めて会う相手に。

・自己紹介(仕事や年齢などを簡単に)
・友達ネタ(共通の知り合いに触れる)
・地元あるある(共通の経験をもちだす)
・仕事あるある(共感を探す)
・情報収集(デートにつなげるため)
・→好きなもの(タイプ・食べ物・趣味など)
・→嫌いなもの(タイプ・食べ物・など)
・→恋愛ネタ

 

気をつけること・ポイント

・相手を緊張させない
・笑顔でゆっくり話す
・相手が心地良くなるポイントを探す
・→会話中に共通の話題探し
・→良いところを見つけ褒める

 

③バーナンパの時

居酒屋やバーで出会った相手に。路上ナンパよりもやりやすいです。
マスターと仲良くなっておくのが得策。

・他己紹介(店長・マスターを通じて話す)
・お店ネタ(常連あるある・利点など)
・自己紹介(仲良くなったら、お互い改めて簡単に)
・相手関連の雑談ネタ&情報収集
・目標は”また会うこと”にしておく

 

気をつけること・ポイント
・がっつかない
・狙いすぎない
・周りに迷惑にならないようにする
・頑張ってしない
・飲み仲間スタンスがベター

※ジムやサークルでも話すきっかけはこんな感じにしてます。ジムなどは休憩ルームもあるので、バーよりも会話しやすいと思います。「いつも来てますよね」などと声をかけて仲良くなれます。

 

経験(慣れ)がレベルを上げる

会話が苦手な人でも、会話経験が多いほど底上げされます。

男女関係なく思えば、会話のきっかけは簡単に作れます。

男女によって好みの話題があるので、それを知っておくのと便利です。

そして男女の違いを把握すると、より話しやすくなると思います。

 

《番外編》

④キャバクラの時

※ここからは番外編です。自分のメモ的な情報です。キャバ嬢も女の子ですが、色恋の百戦錬磨。欲望に打ち勝つという意味で、ここまで鍛錬できる場所はそうありません。会話するきっかけを鍛える意味でも、普通の女の子とは違います。

これはNG

・天気話はNO(世間話は時間の無駄です。)
・自分の話はNO(お客みんな話してます。)
・お触りネタはNO(店内でみんな触ってます。)
・個人情報は基本NO
・→地元ネタはNO(基本的に身内情報は役に立ちません。)
・→友達ネタはNO(これも微妙です、お互い大きなメリットはありません。)
・→職務質問はNO(年齢は?住まいは?休みは何してる?は聴く必要がありません。)

お互いの個人情報は聴く必要はないです。
年齢や名前もふざけていいのがキャバクラ。
男のステータスがものをいう世界です。
魅力のある男と女が勝つ世界。
勝つ定義はフラートにしてます。

これはOK

・恋愛ネタ(過去の恋愛や恋愛観など)
・色恋ネタ(感情を動かす質問をするとベター)
・相手の話(何の話でも相手が楽しく話す情報)
・楽しい話(褒める・共感する・からかう・笑わせる)
・怖い話(感情が動くため。夏は反応いい笑)
・ゲーム(色恋的な妄想ゲーム、面白いアプリをしたり)
・下ネタ(ただし、会話構成を考えて、面白く)

基本は恋愛系の話で盛り上がるのが得策。
面白さだけでなく、アイコンタクトや距離感なども巧みに。
タッチは連れだしてから。(笑)

ピックアップ記事

【恋愛】なぜ男性は「高い声」が好きなの?

高い声=”女らしい若さ”を感じる 男性は高い声の女性の声が好きです。 例えばこのような意見↓ ・高すぎない通る声が好き ・…

人気記事

ページ上部へ戻る