声の作り方2「トーンの使い分け」

”声のトーン”を使い分けよう!

気持ちよく会話できる人は、自然と相手の声のトーンに合わせています。

例えば、話が面白いと自然に声のトーンが高くなります。

嬉しい時もそうですよね。

相手もテンション高めで話してくると、より話が盛り上がります。

そしてお互い爆笑(笑)という流れのように。

会話でトーンを合わせることは、2人の関係性を深める意味でも大事な要素です。

そのためにも声のトーンを使い分けることが大切です。

 

声のトーンを使い分けるには?

top151

使い分けることができれば、相手に合わせることもできます。

恋愛でいえば、好きな人との会話を盛り上げることもできます。

相談の悩みを聞けるきっかけにもなります。

以下の3つをすれば、使い分けれます。

 

1:声のトーンを意識してみる

声のトーンは普段、無意識に使い分けていると思います。

例えば、電話に出るときは明るめの声。

仕事の時は少し低めの声(伝わりやすいように)。

友達といるときは、はしゃいだ声。

家族といるときは、自分が楽に出せる声など。

「あ、今の声はトーン低めだ、仕事だからか」とフッと意識してみます。

そうすると、声のトーンをコントロールしやすくなります。

 

2:声のトーンを状況で使い分ける

状況で声のトーンを意識することでよりコミュ力が上がります。

自然に使い分けてると思いますが、意識してみるとより周りの空気を読みやすいです。

例1)楽しい場面→トーン高め

例えば、雑談で面白い話など
テンポよく、通る声で。
その方が楽しさを伝えやすいためです。

例2)真面目な場面→トーン低め

例えば、仕事で交渉、悩みの相談など。
ゆっくり低い声で、語尾まではっきりと。
その方が安心さ、冷静さを伝えやすいためです。

まとめると

・楽しい話をする時→声のトーンを高めにして明瞭に。
・悩みなどの相談話→声のトーンを低めにしてゆっくりと。

【心理】声のトーンでわかる状況
声のトーンはコミュニケーションでも大事な要素。話し方も声のトーン次第で全く違う印象になります。恋愛においても声のトーンは大事です。 声のトーンって何?声...

 

3:声のトーンを相手に合わせる

相手の声にトーンを合わせます。

テンションが高めな話し方なら、自分もアゲル。

落ち着いた話し方なら、自分も同じテンションに。

悩んでたら、こちらもシリアスに。

と言った感じです。

聞き上手な人は、このトーンの合わせ方が上手いです。

ピックアップ記事

【恋愛】声は恋に重要なこと?声の影響力

あなたはどんな声が好き? 異性の声って重要ですよね。 ”声フェチ”、”耳で恋する”なんて言葉もあるほど。 男性なら女性の高い声…

人気記事

ページ上部へ戻る