【書籍】”ウケるトーク術”を読んでみて【感想】

「ウケる!トーク術」レビュー

田中イデア氏の代表作「お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術」。

これを読むと、トークがウケる人とウケない人の違いがすぐわかります。

まず、仕掛け側の戦略の凄さにびっくりします。

読んでみて大事なところをピックアップしています。

 

著者:田中イデアってどんな人?

これを読むまで田中イデアという人を知りませんでした。

放送作家・ライター・芸人講師など多岐にわたる仕事をされてる人のようですね。

田中イデア

放送作家。
クリエイター集団「プラトン企画」の代表。
つまり仕掛け人(プロデューサー)です。
これまで多くの「笑い」に関する本を出版。
芸人養成スクールでの講師も務める、凄い人。

Twitter:@IdeaTanaka

 

「ウケるトーク術」の概要

参考書籍 お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術

サンプルページにも目次としてあります。

僕の言葉でまとめると、以下のような内容でした。

下記の赤い文字は、個人的に特に面白かったところ。

僕はかなり勉強になりました。

■トークがウケない理由

① 自分の気持ちに原因がある
・緊張して真っ白
・無駄にハードルを上げてる
・笑いながら話す
・自分に自信がない(キレがない)

② 話の内容に原因がある
・正直すぎ
・嘘くさい作り話
・抽象的すぎる
・善悪の分別をしてない

③ 話の組み立て方(構造)に原因がある
・話の組み立て方が雑
・話が脱線してる
・感情がなく、話にまとまりがない
・オチが読めてしまう

④ 話の伝え方に原因がある
・話の間やテンポがおかしい
・話の登場キャラが雑
・専門用語でわからない

■トークがウケる方法

①:気持ちが原因 → 緊張をほぐす(もし芸人なら)
・人の視線になれる
・知らない人と話すことに慣れる
・変に期待しない・中途半端にマイナス感情にならない

②:内容が原因 → ネタを強くする
・ネタの探し方(サイト参考:話のきっかけを作る方法)
・緊張の緩和で笑わす(例:女性を口説いたら妻だった 安心→不安)
・フリを意識したトーク
・会話内容に「共感」があること

③:構造が原因 → 話を面白くする
・緊張(フリ)と緩和(オチ)を意識すること
・ネタは「5w1h」でまとめる(話の骨格を作る)
・気持ちを入れる(気持ちがない=共感がない=ウケない)
・起承転結でネタに肉付けする
・ネタに補助説明をつける
・ネタに脚色(話を盛る)
・不要な情報は削除

④:話し方が原因 → 伝える技術を磨く
・比喩を使う(例:まるで〇〇〜)
・擬態法を使う(例:バラバラ・ゲラゲラ)
・登場キャラを使い分ける
・声の出し方やテンポを変える
・動きでフォロー(ボディランゲージ)

■もっとウケるための工夫

・トークの前後にも気を配る
・トークの前=つかみ(同意型・質問型・感情型)
・トークの後=コメント(同意型・質問型・感情型)
・上手い人を真似る
・空気を読む力をつける

■あとは実践!!!!

 

《概要まとめ》

トークがウケない原因4つに対し、さらに理由を分析。

その解決策として具体例とともに、書いています。

”緊張の緩和”や”起承転結の会話”など、ウケるトークの大事な部分をわかりやすく伝えています。

 

【感想】読んでみて良かったポイント

参考書籍:ウケるトーク術

ココが良かった①:徹底的な原因分析

ウケない理由がわかりやすい!

そして詳細を知ることで、トークの精度を確実に上げます。

目次だけでも読む価値あり!

 

ココが良かった②:具体的な例文

良い例と悪い例を具体的な文章で書いています。

なので、シチュエーションが頭にわかりやすく入ってきます。

 

ココが良かった③:ウケる会話の作り方

本でいうと第5章「ウケるトークの作り方」のところ。

プロのネタはこのように作られてるのだと、わかりやすく把握できます。

僕らはプロではないですが、真似できるところがたくさんあります。

例えば

ネタは「5w1h」…話の骨格作り
ネタに「起承転結」…話に肉付け
ネタに「感情移入」…話に魂を入れる

まるで、生き物みたいですね(笑)

それがウケるトークの基盤・下地になるようです。

 

感想まとめ

芸人さんじゃなくても、かなりわかりやすくまとめられてる書籍です。

ウケるトークの仕組みを知ることで、恋愛はもちろん、周りの人間関係も変わってくると思いますよ!

トークを磨くのにオススメの良書です。

ピックアップ記事

【恋愛】なぜ男性は「高い声」が好きなの?

高い声=”女らしい若さ”を感じる 男性は高い声の女性の声が好きです。 例えばこのような意見↓ ・高すぎない通る声が好き ・…

人気記事

ページ上部へ戻る